スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネタバレはありません

2007-09-14

Tag :

ポッター読み終えたー!!!!



アイアイに
「最終巻、上手くまとめられてたよ」
って言われてたけど、

ナルホド。

ネタばれちゃうから大した感想が言えないのが残念。
でもでも、伏字で一言だけ。

○○○○、やっぱ好きだー!大好きだ!疑ってごめんよ!!(号泣)
カッコ良すぎ。そして切なすぎ。。

いやいや、前巻までに張り巡らされていた伏線が突如として一本の線になりました。思ってたよりもずっと巧みに作られた作品だったなぁ。

通して読んでみて、単なるファンタジー作品・児童文学という括りで捉えられる作品ではなかった気がする。確かに、2巻くらいまでは純粋に夢溢れるファンタジーで、それこそ絵に描いたような「児童文学」(そのせいで毛嫌いする人もいる)。でも、3巻以降はファンタジーよりもハリーやその仲間たちの内面的な成長に焦点が当てられていて、この作品の本当の良さはある程度読者が精神的に成長してからでないと分からないんじゃないかな。というか、人間関係の複雑さとか、心の葛藤とか、信念とか、到底幼い読者には理解できないようなことが普通に描かれていて、世界中の幼いファン達はどれくらいこの話を飲み込めているのだろうという疑問すら湧いてくる。

これを読んで子供心に、何を思うのだろう。

何かメッセージが投げかけられている、ということはボンヤリと分かるのかな。きっと、彼らが成長してから読み返すと、今見えているものとまた違ったものが見えてくるんだろうな。そう思うと、この話が子供心にどんな風に映るのか見当もつかない私は、今、少し損した気分になる。




愛情には色んな形があること。
愛情に気付く人、気付かない人。
哀しいすれ違い。
誤解。
疑心暗鬼。
信念を貫き通すこと。
大局を見誤らないこと。
ときに自己を犠牲にしなければならないこと。
信頼は築くものであること。
差別。
幸せと不幸せはコインの表裏であること。
必死になれば手に入るものもあること。
その傍らで、必死になっても手に入らないものもあること。
人の弱さ。



挙げていけば暇がない程、随所に散りばめられたメッセージ。

次に手に取るとき、また今の私には見えなかったものが見えてくるかしら。そう思うと、何だか楽しい気分になる。

以上
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

erica/anego

  • Author:erica/anego

  • 都内某大学法学部卒。
    弁護士目指して法律のお勉強中。もっともこのブログで法律に言及することは殆どありません。この場は基本的に、頭を使わない場として私の中で位置づけられているので、何かを主張するというよりは、備忘録的に日々の記録を展開しています(不定期更新)。こんな非生産的なブログですが、息抜きがてらに遊びにきて貰えれば幸いです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  12  11  10  09  08  07 

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。