スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイムリー

2007-06-19

Tag :

寝冷えして風邪っぴきのericaです。
どうも冷房のタイマーを間違えて作動させてしまったらしい。。
「しっかり者に見えるうっかり者でericaらしいね。笑」
とクラスメイトに笑われました。

いや、もはやうっかりキャラ以外の何者でもないんじゃないか、私。

ところで、本日気になったニュース。

信仰上の理由で輸血を拒否している宗教団体「エホバの証人」信者の妊婦が5月、大阪医科大病院(大阪府高槻市)で帝王切開の手術中に大量出血し、輸血を受けなかったため死亡したことが19日、分かった。病院は、死亡の可能性も説明したうえ、本人と同意書を交わしていた。エホバの証人信者への輸血を巡っては、緊急時に無断で輸血して救命した医師と病院が患者に訴えられ、意思決定権を侵害したとして最高裁で敗訴が確定している。一方、同病院の医師や看護師からは「瀕死(ひんし)の患者を見殺しにしてよかったのか」と疑問の声も上がっている。(毎日新聞)


ちょうど昨日、不法行為における過失の一応の推定とか、因果関係の事実上の推定とかいう話に関連して、クラスメイトとエホバの証人の話をしていたんですよ!
「輸血したら自己決定権の侵害だなんて言われるし、しなくても倫理的に問題にされるだろうし、医者も大変だよね」
と。そこへ来てこのニュース。

いやホント、大変ですね。。
というか、自己決定の自由が生命という法益にそこまで優越するかなぁ、と、個人的には若干疑問です。エホバの証人のように、患者の同意書が存在する事例で医者が患者を見殺しにするのって、自殺幇助に類似していると思うんですよね。自殺における不可罰性の根拠も、私は「違法であるが当罰性にかける」と考える立場をとっているので、自殺自体は違法だと考えているのです。。そうすると、そんな「自殺」類似の行為(或いは状況)によって失われる生命が、自己決定に劣位するなんて益々変な感じに思えてきて。

考え始めるとグルグル堂々巡りなんですけれど。

んー。

以上
スポンサーサイト

じゅんぺ~さんのコメント

この問題ねえ。すごくいろいろ考えたんだが大したコメントが思いつかなかったんだわ。
今度俺の日記のほうでも取り上げようかな。

anegoさんのコメント

難しいですよね。
そちらの方でどんな記事になるのか、楽しみにしています^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

erica/anego

  • Author:erica/anego

  • 都内某大学法学部卒。
    弁護士目指して法律のお勉強中。もっともこのブログで法律に言及することは殆どありません。この場は基本的に、頭を使わない場として私の中で位置づけられているので、何かを主張するというよりは、備忘録的に日々の記録を展開しています(不定期更新)。こんな非生産的なブログですが、息抜きがてらに遊びにきて貰えれば幸いです。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  12  11  10  09  08  07 

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。