スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリーポッター

2005-07-25

Tag :

自分のアホさ加減に笑えるよ。
結局少しだけ、少しだけなんて思いながら、気付けばHarry Potter and The Half-Blood Princeを読破してしまいました…(凹)勉強もしてたけど、全然集中できてなかった気がする。読み終えたことで落ち着いて勉強が出来るのだろうから、それはそれで良かったのかもしれないけど。何とも自制心に欠ける娘だなぁと思う訳です。ひぃい。


さて、書くネタがないのでポッター6作目の感想でも。。
ネタバレ必須なので、読みたい方だけ自己責任で下を反転して読んで下さいなー。もっとも現時点でネタバレが欲しい読者はいないと思うが(…)読者じゃない人はもとより話がちんぷんかんぷんだろうし。自己満足というか、今凄く、「王様の耳はロバの耳!」的なことを叫んでも大丈夫な「穴」が欲しいんです。叫ばせて下さい。いざっ。


発売前からJ.K.Rowling本人が、「誰か重要人物が死ぬ」という予告を発していたが、その人物が誰であったかを確認して愕然とした。私の中では冗談のように「○○が死ぬんじゃない?」なんて思ったこともあったが、あまり本気で予想してなかったというか。寧ろ△△が有力候補だったのに…。さぁ、accidentallyにこのネタバレを反転してしまった方のためにもう一度警告しておきますが、このまま読み続けていくと人物名が出てきますよ?それでも良い方だけ読み続けて下さいね。










いい?本当にネタバレるよ?






私が予想もしてなかったその人物っていうのは、アルバス・ダンブルドア校長でありました。私が死ぬんじゃないかと思っていたのはお馴染みスリザリン寮のセブルス・スネイプ先生。中には熱狂的なセブルスファンもいるみたいだけど、私はどうしてもスリザリンは好かなかったし(でもセブルスは完全には嫌いになれないのよね…)、幼い読者なら余計にスリザリンを嫌悪する子が多いんじゃないかと思ったのね。スネイプなら話の重要人物ではあるし、作者としても登場人物の誰かを殺すならやっぱり悪者寄りの人物が標的になるかなぁと思ってたんさ。スネイプなら5作目から2重スパイなんかもしてたし、死ぬリスクが一番高いんじゃないかと思って。でも、甘かったね。ローリングは読者の想像の斜め上をいっていました。


まさかダンブルドアが死ぬなんてぇぇええ!(叫)


しかもあろうことかセブルスに殺されるなんてぇええええええええ!!!(こっちの方が衝撃だった)


なんだよ!5作目で可哀相な生い立ちを見て&ジェームズたちから苛められる様子を見て、ちょっとセブルスに同情しちゃった自分に後悔だよ!ああ腹立つ。しかも、結局なんの根拠もなく死の瞬間までセブルスを信じ続けていたダンブルドアは人が良すぎるよっ。ていうか、アホだよ。もはや。でも、やっぱりセブルスを完全に嫌いになれない自分がいるのも事実。だって、あの少年時代はあまりに哀れすぎる…。まぁ、いずれにせよ死んだのがリーマスじゃなくてホッとしたけど(←最悪)。5作目でもローリングが発売前に死の予告をしてたが、そのときにシリウスが死んだからね(シリウス好きな友人が絶叫していた)。今回続いてリーマスが死んだらどうしよう、と凄くドキドキしてたんです。


えぇと、私の雄叫びはこれくらいにして。
作品全体としては、ページ数の割に今までより内容が薄かったような気がする。ドラコとハリーの衝突も殆どなかったしさ。やっぱり物語はちゃんと悪役が暴れてくれないと平坦になりすぎる嫌いが…。何かやたらロンの恋愛模様に焦点が当てられてたような気がしたのは私だけか。ハリーはいつの間にかジニーに恋しちゃってたりするし。まぁ16・17ってそんな年頃ですもんねぇ。。ついでにトンクスとリーマスの間でも何かあるみたいだけど、トンクスのイメージが私の中ではっきりしないので二人が似合いのカップルになるのかどうか全然想像できない。


と、脱線してしまったが、あの終わり方だとこのポッターシリーズがあと1冊で終わるとは到底思えないんだけど…。「やっと中盤」チックな終わり方だったぞ。本当に終わるのか?終わるんですか?



そんな感じ。
ところで、最近凄く目が霞むのだけども。本を読んでいると、字がぼやけて見えて、少し同じところを見ていると目が焦点を合わせようと調節しているのがわかる。カメラのズームみたい。何だろう、全然疲れを溜めているつもりはないのに。あ、そうそう2度目のロンドンテロですが、例の友人は英国外欧州をふらふらとしているようなので大丈夫みたい。


何だか今日の日記も脈絡なく、思いついた順に羅列した雑記のような感じですがご容赦下さいな。


もう寝ます、おやすみなさい。
スポンサーサイト

さんのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ericaさんのコメント

>鍵コメントさま

私も何が起こっているのかにわかに飲み込めないのよー。まぁ、読書スピードは私の場合、当たり前といえば当たり前というか^^;読めなかったら寧ろ問題だろという…(笑)でもイギリス英語とアメリカ英語では使う単語が時々違うから、そういうとこでちょこちょこ「ん?」って止まったりもするわー。というか、読む前にネタバレ見ちゃって大丈夫だったの?(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

erica/anego

  • Author:erica/anego

  • 都内某大学法学部卒。
    弁護士目指して法律のお勉強中。もっともこのブログで法律に言及することは殆どありません。この場は基本的に、頭を使わない場として私の中で位置づけられているので、何かを主張するというよりは、備忘録的に日々の記録を展開しています(不定期更新)。こんな非生産的なブログですが、息抜きがてらに遊びにきて貰えれば幸いです。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  12  11  10  09  08  07 

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。