スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切り口を変えて考えてみましょう

2007-01-07

Tag :

短大生遺体切断事件。
連日メディアを賑わせておりますね。

年初めからなんて痛ましい事件なんだろうと思うと同時に、メディアのあり方に首を傾げること数日のericaです。こんばんは。

今回の事件は、事件を引き起こした次兄が一番悪いのは紛れもない事実。でも、「次兄の心の闇」ばかりに偏向した報道のされ方は正直どうしたものかなとも思う。事件の詳細を聞けば聞くほど、
「殺された妹は…?」
「家族は…?」
と疑問符が頭に浮かんで仕方がありません。というのも、妹さんの殺され方が尋常じゃなさすぎる。カッとなって衝動的に殺したというにはあまりに執拗で、これはメディアでも既出だけれど、根深い恨みがなければ快楽殺人者でもない限りこんな殺し方はしないような気がします。そして、人がそれほどまでに深く恨みを持つとき、その相手方に全く非がないことって殆どあり得ないんじゃないかしら。。

そう思って、妹さんのブログを少し読んでみました。
(※高峯駆という名で、芸能活動の一環として運営していた公式ブログ。現在閉鎖措置がとられているので普通に閲覧することは出来ないようです。ご覧になりたい方はキャッシュをググッてみて下さい)多くの記事が一行日記や写真日記から成っていて、時折思い出したかのように長文の雑感が書きつけてあるブログでした。読んだものから想像する限りでは妹さんは確かにひたむきで、目標に向かって努力する女の子のようです。某中田選手ではありませんが、「過去は振り返らない」と言わんばかり、勢い前に進もうとする女の子。

ここからは憶測に過ぎませんが、ブログを読んだ印象と妹さんの「あなたには夢がない」発言とを勘案すると、彼女は自分のことで一生懸命なあまりに他者への配慮にまで気が回らなかったのじゃないかなという気がします。私の周りにもつい最近までそういう人がいましたし、司法浪人生を見ていても解るのですが、浪人生のプレッシャーって他人が想像するよりもずっとずっと大きなものです。ナーバスになっているし、ピリピリしているしで、まるでニトログリセリン。人によっては通院に至ってしまう人もいますしね。そして、この次兄にもそういうナーバスな部分多かれ少なかれあったはず。そういう人を捕まえて追い詰めたり挑発するようなことをしてしまったのは、言葉は悪いですが妹さんの配慮のなさ、ないし愚かしさであるように感じます。話は戻りますが、衝動的にやったというような殺され方ではないので、こういう挑発的な言葉が日常的に発されていたのではないかなぁ。。と、これも憶測です。

百歩譲って妹さんの配慮の欠如も仕方なしとしましょう。妹さんに悪気がない可能性もなきにしもあらずです(まぁでもブログを読むと家族のあり方やお兄さんに不満が多々あったようなので、全く悪気がないということはないのかな、と勝手に思っています)。そうすると、次に個人的に解せなくなってくるのが、家族。挑発的な妹と、それに対して憤る次兄。二人の間には必ずぎこちない空気が感じ取れるはずです。現に、この兄妹は実に3年もの間殆ど会話らしい会話をしていないとのこと。そんな二人を放っておいた両親も、長兄も、今まで一体何をしていたのでしょうか。。少なくとも我が家では絶対にあり得ない状況なので、俄かに理解しがたいです。それとも、こういう兄妹を放置しておく家庭の方が今や多数派なのでしょうか。私は自分の家庭しかわからないので、疑問を呈する他になんとも言い難いのですが、もしそうなのだとしたら何て嘆かわしいのだろうと思います。本気で。

そりゃあ、子供も20前後になれば自立していておかしくはないですが、だからといってコミュニケーションや家族のケアを疎かにすることと、自立することとがノット・イコールであるとは思いません。思いませんし、そうすべきではないと思います。人間は社会でも成長しますが、家庭でも成長します。社会に教えて貰えることと、家庭で教えて貰えることとは領域を異にするのです。よく、
「本当の欠点は他人は指摘してくれない」
というようなことを耳にしませんか?社会では、社会での生き方や振舞い方、社会的なペルソナの磨き方について教えられますが、もっと奥深くの人間性や本質の部分の「あり方」については教えて貰えません。それは家庭の領域です。

今回の事件で言うならば、妹の挑発行為。それが良いことではないということ、もう少し配慮をもつべきだということ、そういった道義的な感覚を諭してあげることが家庭固有の教育です。また同時に、妹も自分のことで精一杯でなかなか気が回らないのだ、さして悪気はないのだと次兄に諭してやること、それが出来るのも家庭・家族しかないのです。今回の事件ではこういった家族のコミュニケーションやケアの欠如が垣間見られるようにも思います。こういうコミュニケーションがあれば、今回の事件は起こらなかったのではないかなぁ。。。

格差社会の闇、といったようなニュアンスで報道されがちですが、寧ろ家族のあり方の問題の方が大きいのではないかと思っています。珍しく真面目に書き綴ってしまいましたが、「3年間殆ど会話がなく…」というくだりがあまりに衝撃的だったのです。

妹さんのご冥福をお祈りします。

以上
スポンサーサイト

さんのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

anegoさんのコメント

>鍵コメントさま

わざわざデータまで出してくれてありがとう。笑。
ホント、あまりに報道されすぎて食傷気味だよ。。。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

erica/anego

  • Author:erica/anego

  • 都内某大学法学部卒。
    弁護士目指して法律のお勉強中。もっともこのブログで法律に言及することは殆どありません。この場は基本的に、頭を使わない場として私の中で位置づけられているので、何かを主張するというよりは、備忘録的に日々の記録を展開しています(不定期更新)。こんな非生産的なブログですが、息抜きがてらに遊びにきて貰えれば幸いです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  12  11  10  09  08  07 

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。