スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改憲の動き

2005-07-10

Tag :

本当は今日はペーメの答案をアップしようと思っていたのですが、satshiさんのブログを読んで気を変えました。何の話って?憲法改悪の話。

自民党新憲法起草委員会の要綱素案ね、9条ばかりにスポットがあてられていて、他の規定についてあまり注目したことがなかったのですが、非常に不穏なものを感じますね。


・天皇の元首化
・「国民統合の象徴たる天皇とともに歴史を刻んできた」という文言の盛り込み
・軍事裁判所の設置
・「表現の自由」を一部制限(「アクセス権」の明記など)
・「個人の権利には義務が伴い、自由には責任が当然伴う」という文言を盛り込み、国民の債務や義務にまで言及(家庭の保護など)


ざっと見ただけでもこのくらいはある。
もちろん、これは小委員会の段階で盛り込まれた案で、要綱素案の段階では後退したものもいくつかあるけれど、正直なんということだろうと思う訳で(ごめんなさいね、ちょっとムカムカしすぎて理性的になれてない部分が…^^;)私は、どちらかというと今まで理想的なのは9条堅持・現実的には9条改正派だったのだけれども、今回の要綱素案を見て憲法改悪反対派に寝返りました。


例え9条で戦力保持を認めるよう改めるにして、↑に上がっている中でギリギリ許容範囲にあるのは軍事裁判所の設置くらいだろうと思います。それでも、現在の司法体系とは異なった体系が出来ることにはとんでもない抵抗感があるけれど。。軍隊を持つのだったらやむを得ない部分もあるか…な…と。むーうー。


でもね、何故今更天皇を元首化せねばならんのですか。
ここで、元首の意味についても様々な解釈があるのですが(象徴と同義であったり、行政権力を有する国の首長であったり)、わざわざこれから元首的な意味を持たせようとするのであるから、自民党は少なくとも象徴と同義には扱っていないということです。あるいは、国民の中には、
「元首と象徴なんてどっちでも同じじゃん?別に」
なんて思っている者もいるだろうことをいいことに、とりあえず元首化しておいて、徐々に天皇に寄せる行政権力を拡大していく意図か(自民党は、天皇象徴制を残したまま、位置づけ的には元首ということにしたいそうですから)。いずれにしろ、建前の裏に見え隠れする本音に反吐が出そうです。好きません。民主主義からの逆行もはなはだしい。


あと、腹立たしいのは…というか全部が全部腹立たし過ぎるのだけども、とりあえず表現の自由の制限。
何じゃそりゃぁあぁああぁぁぁぁああああああああああ!!!!!!!!!!(叫)
はぁはぁ。いけない、取り乱してしまったわ。
なんっで、政府の対メディア反論権を確保するためにアクセス権を認めなければいけないんですか。まぁ、アクセス権を認めれば反論権が与えられるのは政府に限りませんが、自民党の意図は政府の反論権確保にあるような気がしています(幾つかの記事に目を通しての独断と偏見的な印象です、裏がある訳ではありません)。そんなことを憲法的に保障してしまったら、メディア業界商売上がったりですよ。表現行為が萎縮してしまうよ。政治的な批判をしたら速攻政府から反論が送りつけられてくる上、それを記事に載せなきゃいけなくなるんだから…!!それって間接的な事前抑制だよ!許されてなるものかーーーーーー!!これも民主主義に逆行してますっ。自由公正な議論がないところに民主主義は成り立ちませんっ。


あとさあとさ、人権には義務が伴うだとか自由には責任が伴うだとか、これも憲法で規定することじゃないでしょう?(怒)憲法というのは国家権力を拘束する制限規範ですよ?憲法尊重擁護義務が課されているのは国ですよ?(憲法第99条)国民は、憲法によって国家権力の不当な干渉から守られる立場です。何故その国民が、本来国民を守るべきものである憲法によって債務だとか義務だとかを課せられなければならないんですか。そりゃ、権利に義務が伴うことも自由に責任が伴うことも、常識レベルでは当たり前のことです。自民党的には、義務や債務があるから人権や自由は制約されると明言したい意図なんでしょうけど、でもそんなことは、現憲法12条後段・13条後段(あるいは22条1項・29条2項)の「公共の福祉」で十分処理出来ているんですよ。問題なんてありません。ここにも、国による個人の私的領域への積極的な介入を試みる意図が見えて非常に腹が立ちます。


何か、個人尊重・個人主義の世の中にあるのに、意識が国へ国へと向いていて時代錯誤。↑の国民の債務の一例として、「家庭の保護」なんてのが挙げられているのですが、私はこれにもカチンときます。まず第一に今更そんなことは国から言われるものではない。でも、そこを敢えて言うのであるからそれなりに裏の意図があるのではないかと勘ぐってしまう。何をいいたいかというとね、例の9条問題に戻る訳です。軍隊を認めれば徴兵制が間違いなく確立されるでしょう。そうすると、国民の中には不満を言う者が出てくる可能性が非常に高い。ここで国は何を言いたいか。
「家族のためだ」
「ひいては国のためだ」
これこそまさに、大東亜共栄圏なぞといって大騒ぎしていた頃に日本で隆盛極めていた集団主義。個人主義と真っ向から対立するもの。自民党は、個人主義から逆行して集団主義に戻したい意図があるんじゃないかなぁ、と。
裏を考えすぎですかね?^^;まぁ、いずれにせよ自民党は復古を試みているような気配が凄まじく強くて嫌悪感を隠せません。隠したくありません。


それで、これだけ行政権力を強くしたい意図がだだ漏れなのに、片や「新しい人権」を明文規定するなんていうことを言っていて、どこまで自民党の腹の内が黒いのか想像も出来ず言葉を失いそうです。新しい人権なんて、今でも十分13条後段でどんどん保障できてるのに明文にする意義がどこにあるのかわからない。(新しい人権とか言っている暇があったら表現の自由を制約するようなアクセス権を撤回せぇよ。。)というか、意義がどこにあるかわからないというとそれは嘘で、憲法改正投票がどんな風に行われるかわからないので何ともいえないというのが正確かな。もし、改正投票が各憲法条文につき別個に行われるのだったら本当に何故「新しい人権」を明文で規定するのか理解できません。だけど、条文ごとの改正ではなく、憲法改正を一括してしまって、憲法改正全体に付き肯否の投票を行うのであれば、この「新しい人権」明文規定化は国民に対する一種の釣り餌になり得ます。どういうことかというと、あまり他の規定(上で散々ケチつけている時代錯誤の真っ黒な規定)について深く考えなかった国民が、「新しい人権」にだけ目を留めて、改正に賛成する可能性が出てくる訳です。改正を通してしまうためには国民の過半数の票が必要ですからね、少しでもひっかかってくれる国民がいればこれ幸いという目論見でしょう。姑息!私がこの段落の始めに「どこまで自民党の腹の内が黒いのか想像も出来ず言葉を失いそうです」と言ったのは、こういうことです。


ああもう、いい加減記事が長すぎるのでもうやめます。
頭にきてがーっと書いてしまっているから日本語的におかしいとこもあるかもしれないけど…。あと、あまり今裏をとって書いた訳じゃないので間違っている部分もあるかもしれません。でもいずれにしろ、これからも憲法改正の動きには注目していこうと思っています。ただね、これを読んでいるあなたの周りに、あまり改憲の動きを把握していないような人がいたら啓蒙してあげて下さい。ホント、勉強しておかないと知らないうちにとんでもない憲法を作られてしまう可能性がありますよ!


以上


はぁ、これから勉強なんですけど。。(T-T)
スポンサーサイト

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

でこぱさんのコメント

はじめまして☆

イライラ具合が伝わってきてウハウハしました(笑)
この草案、頭おかしいとしか思えないですよね。市民を国の権力から守るはずの憲法が、なんで行政にいいように改『正』されなきゃいけないのか、理解できません。
9条も、理念が高すぎて大変なのは分かりますが、それなら政府のオヤジどもが率先して戦地に行けって話しです。どうせ先は短いんだし(言いすぎw)。
ちゃんと見守らなきゃですよね!
勉強頑張ってください☆

ericaさんのコメント

>でこぱさん

はじめまして♪
実はタイムリーにsatshiさんのブログからトラックバックを辿ってブログ拝見しておりました。


本当、見返すと勢いだけで書いていて恥ずかしいのですが。。行政のいいようにされてはたまりませんよねー。でこぱさんのコメント後段にちょっと笑ってしまいましたが、ありがとうございます、勉強頑張ります^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

erica/anego

  • Author:erica/anego

  • 都内某大学法学部卒。
    弁護士目指して法律のお勉強中。もっともこのブログで法律に言及することは殆どありません。この場は基本的に、頭を使わない場として私の中で位置づけられているので、何かを主張するというよりは、備忘録的に日々の記録を展開しています(不定期更新)。こんな非生産的なブログですが、息抜きがてらに遊びにきて貰えれば幸いです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  12  11  10  09  08  07 

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。