スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男女の友情

2006-09-29

Tag :

高校生の頃、友人と男女の友情について議論したことがある。

男女の間に友情は成立し得るのか?

その頃の私にとって、
「断固として成立し得ない!」
と主張する友人の見解は全く理解し難いものだった。現に私には男の子の友人がいたし、彼女にだっていたように見えたからだ。

でも、今になって、この意見の食い違いは当然のものだったのだと思い至った。

議論のそもそもの前提が私と彼女とで違っていたのだ。

つまり、私は「男女」をそのまま生物学的な意味においての「男女」と捉えていたのに対して、彼女は、もっと性的な意味においての「男女」と捉えていたのである。

これでは、議論が噛み合うはずもない訳で。笑。
それで、最近つくづく思うのは、確かに男女の間に友情は成立し得ないだろうな、ということなのだ。無論これは、性的な意味においての「男女」間に、という訳だけれども。

私には勿論、高校時代から変わらず男性の友人がいるので、生物学的な意味における男女間の友情については否定するつもりはないし、これからも否定するつもりはない。でも、それじゃあ私が「彼ら」を性的な意味で男性として認識しているかといわれると、やっぱりそうではないのだ。(語弊があるといけないので念のために言っておくと、別に「彼ら」が一般的に男性としての魅力に欠けるとかいうことでは全くないのであって、あくまで私の側の認識の問題なのである)

つまり、私は男性の友人と一緒にいたとしても、「彼」を特に男性と認識して接することは全くないのである。異性の兄妹や両親を、特に男性や女性として認識しないのと似ているような気がする。

男性陣に関しては判らないけれども、女性陣にはこの感覚がなんとなく判って貰えるのじゃないかと思う。

そしてもしも、友人関係の途中から何らかのきっかけで「彼」を男性として認識し始めたとしたなら、私の中でその友人関係は良い意味でも悪い意味でも崩壊し始めるに違いないのだ。そう考えると、やはり「男女」の間に友情は成立し得なそうだという結論に至る訳である。






最近、なんでこんなことをつくづく考えているのかって?

それは、友人関係が近々一つ崩壊しそうな気がするから。
果たして吉と出るのやら凶と出るのやら、実はもう大体判っているのだけれどね。

以上
スポンサーサイト

T野さんのコメント

え、だれとだれ??

anegoさんのコメント

>T野

T野の知らない人だよ(笑)
残念でしたー!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

erica/anego

  • Author:erica/anego

  • 都内某大学法学部卒。
    弁護士目指して法律のお勉強中。もっともこのブログで法律に言及することは殆どありません。この場は基本的に、頭を使わない場として私の中で位置づけられているので、何かを主張するというよりは、備忘録的に日々の記録を展開しています(不定期更新)。こんな非生産的なブログですが、息抜きがてらに遊びにきて貰えれば幸いです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  12  11  10  09  08  07 

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。