スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懺悔

2005-09-13

Tag :

shall we dance?で既に背任の前科があるワタクシですが、本日再犯と相成りました。ごめんなさい、ゼミの皆。

実は、今日幼馴染と「チャーリーとチョコレート工場」を観て参りましてございます…。

全然最初から予定はなかったんだけどねー…。。
今日、彼女に渡さなくてはならないものがあって、それじゃあついでにランチでも♪というところまでは予定に入ってたんですが。

食べ終わったら成り行きで観にいくことになっちゃったのよー。丁度六本木にいたし、食べる前にヴァージン・シネマの前のポスター見て、相方が
「これ見たいんだよねー!」
なんて言ってたからさー…。

ごめんね…!ごめんなさい!


で、ネタばれにならない程度に感想を…。。

本作は、ロアルド・ダールの「チョコレート工場の秘密」という物語が原作で、以前1971年に映画が公開されています。私は、この旧作であるところの「夢のチョコレート工場」のビデオも見たことがあるんだけれど、あれと比べると、やっぱり映像技術の進化って凄いなぁと思ったよ。あと、いつも思うのは、やっぱりティム・バートンが監督している映画って彩りが鮮やかだということ。目に楽しい作品に仕上がっていると思う(そして、彼の作品では大体お約束ですが、今作でもジャコランタンとシュールな形のおうちが出て参りました・笑)

で、個人的にはウンパルンパ自体は旧作の方が味があった。でも、ウンパルンパのダンスが中々今回はクールだったよ(笑)音楽のバリエーションも幾つかあって☆で、ウィリー・ウォンカは旧作の方がマイルドだったかなぁと思う。ジョニー演じるウォンカは中々辛口です(笑)チャーリーの良い子さ加減も、旧作の方がより伝わってきた気がするなぁ…。でも、作品全体としては若干尻切れトンボ的だった旧作より、今作の方が芝居に締まりはあったような。ちゃんとオチが付いていたというか。総合評価としては、旧作・今作で種々プラスマイナスがあって、結局は同じくらいの出来かな、というところ。普通に楽しめる映画だと思います。

それにしても、どこの映画館でもやっているのかどうかは知らないけれど、六本木ヒルズの映画館ではね、演出の一環で上映スクリーン一室にチョコレートの香りが充満されていたの!お腹がすいているときに観にいくとちょっとキツイかもー。観ているだけでもお腹がすくのに、嗅覚までそれを増長させるからね!ちゃんとお腹を満たしてから行くべし!

映画の感想は以上ということで。。
今日食べたパスタのお店が中々美味しかったので、ちょこっとだけ紹介して終わりたいと思います。
Bar Del Sole(バール・デル・ソーレ)という所で、ジェラートの世界コンテストで金賞をとったお店らしいです。パスタが少し太めでもちもちしていて、すっごくおすすめ☆ランチにはメインにパン・サラダ・ジェラートがついて800~900円と、美味しいのにお値段は良心的。コーヒーもかなり美味しいので、行く人は是非頼むべし☆コーヒーに絵を描いてくれますよ~♪以前友人が注文をつけてパンダを描いて欲しいといったら、可愛いパンダではなくリアルパンダの描かれたカプチーノがきたそうです(笑)ちなみに今日はハートでした☆複雑めな絵を描いて欲しい方はカプチーノを注文すると良いそうですよ^^

そんな感じで、今日はこれまで☆
では~。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽・映画・アニメ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★「チャーリーとチョコレート工場」

公開初日のナイトショウ(0:15~)で観てきました。夜中だっていうのに、ほぼ満員。さすがチネチッタ川崎?さすがジョニー・デップ?それともティム・バートン監督?こんなにナイトで賑わっていたのは「SWEP3シスの復讐」以来だね。原題は「CHARLIE AND THE CHOCOLATE

チャーリーとチョコレート工場

ワクワクする幕開けから,ほろっとくる最後まで楽しさ全開!

痛快なブラックファンタジー◆『チャーリーとチョコレート工場』

9月16日(金)TOHOシネマズ木曽川にてチャーリー(フレディー・ハイモア)は、貧しいながらも暖かい家族に囲まれて暮らす少年で、彼の憧れは、ウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)が経営する世界一のチョコレート工場。昔、祖父がその工場に勤めていたが、内部にスパ...

チャーリーとチョコレート工場観たよ

本日は、メゾン・ド・ヒミコとチャーリーとチョコレート工場観てきました。就活も夜バイトもこなして映画2本も観れたなんて自分を褒めてあげたい。まずはチョコレート工場の感想

チャーリーとチョコレート工場

 よくも悪くもティム・バートンの俺さま映画。  組織として映画を製作するハリウッドにあって、よくぞこのような個性の際だつ作品を創れるものと感

BAR DEL SOLE (カフェ、イタリア料理、ダイニングバー / 六本木、品川、赤坂見附 )

日本のバリスタ界における第一人者が経営しているバール・BAR DEL SOLE。エスプレッソは本場イタリアに近いハイレベルなもの。また、お願いすればカプチーノにカフェアートを施してくれるみたいです。店員の接客とお店の雰囲気もお洒落で素晴らしく、まさにイタリアの雰囲気

チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場

プロフィール

erica/anego

  • Author:erica/anego

  • 都内某大学法学部卒。
    弁護士目指して法律のお勉強中。もっともこのブログで法律に言及することは殆どありません。この場は基本的に、頭を使わない場として私の中で位置づけられているので、何かを主張するというよりは、備忘録的に日々の記録を展開しています(不定期更新)。こんな非生産的なブログですが、息抜きがてらに遊びにきて貰えれば幸いです。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  12  11  10  09  08  07 

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。