スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハチクロばとん

2006-07-29

Tag :

ミクシィでハチクロばとんなるものを拾う。
最近少しばかり疲労しているので、こういう下らないことにあえて時間を割いてみたくなりました。

「ハチミツとクローバー」を全く知らない人はごめんなさい。少女漫画の一つです。まぁ、ところどころは知らない人でも話がわかるように書いていくつもりなので、お暇ならば以下読んでみて下さいな。

続きを読む

スポンサーサイト

クリリンのことかー!

2006-07-27

Tag :

捨て麺の作成・修正などで苛々MAXのericaです。超サイヤ人になりそうです。こんばんは。

文章を書くのは嫌いじゃありません。
しかるに、義務化された途端に生じるこの抵抗感、不思議ですね。不思議不思議。

司法試験の勉強をしているときも時折こんな感覚に襲われたけれど、「受験」という枠に嵌められると自分の主体性を奪われるというか、勉強「させられて」いるというか、そんな錯覚を起こして無性に苛々してきます。よく解らないけれど、反発したくなる。実際は自分の目標達成のために勉強しているだけなのにね。

きっと、反抗心旺盛なんです。
全然きれいにまとまっていないけれど、無理やりそういうことにしておきます。


閑話休題


さて、捨て麺と向き合うことがここ数日多くて、正直文章なんて書く気も失せているのだけれど、先日非常に興味深いブログをみつけたので紹介します。というか、私が今まで知らなかっただけで、かなり有名なブログサイト様とのこと。知っていたらごめんなさい。このブログのリンク欄にも加えておきました。
きっこの日記
きっこのブログ
姉歯事件の裏側が素破抜かれています。これ、リアルタイムで読んでいたら凄かっただろうなぁ。イーホームズの藤田氏から届いたメールが紹介されてあったり、議員まで登場しちゃったり。姉歯事件が発覚した当初、姉歯氏以外に対する証人喚問の詰めが甘すぎて腑に落ちないものだったのが一転、あるときを境に突然厳しい糾弾に変わった影にはこのブログの影響があったのだなぁとか。今読んでみるからこそ納得できる部分などもあって、面白いです。

ここまで赤裸々に書いてしまってこの人、いつか命を狙われるんじゃないかと心配になってしまいます。でも、ジョーカーの切り札を隠し持ってそうな人だから(読んでて勝手にそう感じたのだけれど)、無用な心配なのかもしれません。苦笑。というか、どうなってるんだろう、この人の情報網…。。
(※情報の信憑性については個々人で判断しながら読んで下さい)

姉歯事件について読みたい方は上記「きっこの日記」へどうぞ。「きっこの日記」の方は、基本的に過去ログ置き場のようです。昨年11月のあたりから漁ってみて下さい。現在進行形で更新されているものが「きっこのブログ」となっているようです。

あ。ただ、小泉さんマンセーな人は読まない方がいいのかも…。きっと気分を害するだけだから^^;

とまぁ、とりあえずの注意書きをしたところで、終わります。超サイヤ人になってきます。

以上

北海道紀行②

2006-07-24

Tag :

あいやー。。
暫く間を空けていたら結構忘れてしまったような気がする。詳しく覚えているかなぁ…(不安)あ、一つ前のエントリーはあまりにばかばかしいので消しました。

続きを読む

模様替え

2006-07-20

Tag :

なのであーる。
最近短いスパンで着替えている気がしないでもない。。シンプルに可愛いものがなかなか無かったから、適当に自分で改造して作ってみた。割と満足♡ただ、レイアウトが崩れてなきゃいいけど…。

もしもどなたかのコンピューターからレイアウトが崩れて見えるようだったら、ご一報下さい。善処します。

いつまで経っても北海道旅行記の続きがない訳ですが。。今そんな長い文章書く気分じゃないからもう少し待って下さい。心にも時間にも余裕が出来てから。ごめんなさいぃ。

以上

愛用ばとん

2006-07-19

Tag :

はいはーい。たなきあ嬢から再びバトンが回って参りました。「愛用バトン」らしいです。

続きを読む

ユーベ

2006-07-18

Tag :

2部降格らしいですね。
弟がそのせいでここ数日鬱々としていますが。

それにしてもネドベド、ユーベに残るなんて凄いね。そんなにユーベを愛しているのはデルピエロだけかと思ってた。

ときに、早稲田の捨て麺がうざいです。。面倒くさい…!

以上

北海道紀行①

2006-07-17

Tag :

7月9日~7月13日まで、題して
「あばあちゃんの青春☆北大浪漫紀行」
です。はい。何でもうちの祖母が若かりし頃に惚れた男が、北大に行ってしまったらしくて。しかも、北大の教授なぞになってしまったらしいのですが、その北大とやらを祖母が一度見てみたいとのことで北海道まで参りました。ええ。や、別に旅のメインが北大見学という訳でもなかったんですけれど。笑。とりあえず旅の動機づけがそこにあったという。

という訳で、何回かに分けて旅の記録でもしてみましょう。

続きを読む

変換バトン

2006-07-14

Tag :

あら嫌だ。
暫くお邪魔していない間にバトンを回されていたようです。気づかなくてごめんなさい、たなきあ。嬢。

自発的な文章を書く気分にはなれないけれど、バトンのような事務処理なら出来る気分です。

という訳で。やってみましょう。ただ、どうもこのバトンは面白い解答は書けないような気がしますよ…。



変換ばとん
「」にお題を入れて回すバトンらしいです。私に回されたお題は「絵」でした。未だにあなたの中で私は「絵」なのね…(笑)>たなきあ
ここ2年くらい、まともなイラストなんて全く描いてないんだけどなぁ…(苦笑)

Q.パソコンまたは本棚に入っている「絵」に関するものは?
絵に関するもの…。とりあえず、「リラックマ」と「次の日ケロリ」の壁紙があります。で、昔自分で描いたイラストが幾つか入ってたり。

Q.今妄想している「絵」に関する事は?
絵の妄想って、何!!(爆笑)
や、妄想も何もないけれど。先日久々に絵を描いてみたいなぁと思うことがあって。まぁ、私の場合は絵というより常にイラストな訳ですが。七竈と雪風を是非きちんとカラーイラストで描いてみたいと思いました。でも、きちんとカラーで作品を描こうと思うと一仕事だからね。しょっちゅうイラストを描いていた頃でも、真面目に一つのカラーを上げようと思うと最低でも一日かかったし。ここ数年は、画材も全くいじっていなかったから、慣れることから始めると余計に時間がかかりそう。なので、現実的には描かないと思う。ま、そういう意味では妄想かな。うん。

Q.最初に出会った「絵」は?
最初…。うーん何だろう?気づいたら絵を描くようになっていた。絵を描くのが好きになったのには何かきっかけがあるんだろうけれど、覚えていないなぁ。絵というより、一番初めはぬり絵だったんじゃないかって気もするけど。

Q.特別な思入れのある「絵」に関するものは?
特別な思い入れのあるもの。。
何だろう。一通り、自分できちんと描いた作品には思い入れがあるけれど、それくらいかな。特に強い思い入れというのは…多分ないんじゃないかな。別にプロになろうと思ったこともないしねぇ。その程度だよ。

Q.最後にバトンを渡したい人とそれぞれのお題は?
バトンを落としてしまったぁ。ここで打ち止めということであしからず。

「絵」と直球にこられたので、終わりにPCの中にたまたま入っていたイラストを4点、期間限定公開しようかと思います。確か、2年以上前に描いたもの。アナログで描いたものの方が綺麗なんだけど、わざわざスキャンする気もないし(笑)特に上段右の二つは完全に落書き気分で描いたので、あれですが。。下段のは、「てるてる×少年」という少女漫画のキャラクター達。で、割と気に入っていた作品だったのでいつだか思い立って落書きしたものですね。うん。

とまぁ、こんなものを描いておりましたとさ。恥ずかしいから今晩か明日の朝には削除しちゃう。見れた人は運が良かったね!
はーい。公開終了。

以上

j'ai rentree mes amies

2006-07-14

Tag :

疲れたぁ。。

昨晩帰宅しました。とりあえず旅の間はまともに眠れなかったので、帰宅後爆睡。…したはずにもかかわらず、体中の筋肉にたまった乳酸は全然抜けていない模様。うー、体が重いよう(T-T)というか、まだ疲れが抜けきっていないのか、寝過ぎて疲れたのかわからない。

あ、北海道に行っていたのです。

書くことは色々あるけれど、今はあまり気が進まないのでまた後ほど。とりあえずは帰宅報告まで。明日はまた書けるか判らないから、いつになるとは言えないけれど、気を長くして待って貰えれば嬉しいです。

チャーオ。

以上
(ところでタイトルの文法は合ってるのでしょうか…基本中の基本すらもう覚束なくなっていて笑うしかありません)

とりあえず、逃げます

2006-07-08

Tag :

もー。
皆好きにしやがれ、こんちくしょう☆(壊)

初恋の君(多分)から突然お誘い(?)を受けるもあまりに唐突過ぎて応じることができず。

あたいは旅に出るよ。梅雨前線から逃げるように北へ北へと旅に出ます。探さないで下さい。



(ちゃっかりステートメントや会社法を携行しちゃったりするところが若干しょっぱいですが)

それでは皆様ごきげんよう。

以上

七夕

2006-07-07

Tag :

おやおや、文月にしては何と涼しい一日ではないですか。
そう思いつつ空を仰いだら朧月がぽっかり浮かんでいました。(朧月って春だけれど…まぁそこら辺は深く突っ込まないで♡)

確か去年も曇りだった気がするなぁ。
二年連続逢瀬がふいになってしまって織姫もさぞ腹立していることでしょう。来年は晴れると良いですね。




ところで今日目にした風流なもの。
①冷やしあめ
②ほおずき

冷やしあめは美味しかった…(余韻)。関東でも冷やしあめが飲めるとは思いませんでしたよ。飴と生姜って相性良いです。嬉しーい♡

今、「ほおずき」が正しくは「ほうづき」なのか「ほうずき」なのか「ほおづき」なのか何なのか判らなくて辞書を引いたところ、「ほおずき」と判明しました。漢字で書くと「鬼灯」。これも、趣があって良いですねぇ。古き良き日本語って素敵です。

何かメモの切れ端みたいなエントリーですが。

以上。ということで。

七竈と雪風

2006-07-06

Tag :

少女七竈と七人の可愛そうな大人
桜庭一樹の新刊。装丁に惹かれて思わずふらふらと買ってしまったけれど、私的には当たりでした。万人受けするかどうかは判らないけれども、少なくとも私好みではある。本を読み終えてイメージしたのは松任谷由実の「雨の街を」と柴咲コウの「泪月」。そんな一冊。

美しさと悲しさと、性を超えた透明性・刹那性。それらが押し付けがましいところもなく、そこはかとない雰囲気で作品全体を覆い、たゆたっているような。恋愛小説なのに、ベタついたところが全くない。さらりとしている。

少女を主人公に据えて、ここまで透明に作品を仕上げることができるのだなぁと思わず感心してしまいました。少女というそれだけで、多かれ少なかれ物語の透明性は否応無く損なわれるはずなのに(少なくとも、これは私の持論である。少年と少女とでは、少女の方がより早熟な分、より性的な存在であるように思う。何か「中性的・透明な」ものを描こうとするときに、少女はモチーフとして完璧とは言い難い)この本は見事に透明性を保つことに成功している。御見それしました。

思い出しては手にとって頁を繰る一冊になりそうです。

以上

誤謬

2006-07-04

Tag :

マイミクさんの日記で江國香織占いを見つけたので、好奇心で試してみましたー。
結果。


ericaさんは華子(落下する夕方) です!

● 華子(落下する夕方)さんのあなたは、当たり前のような顔をして信じられないことをする人です。ほとんどのことは人並み以上にこなせるし、いくつかのことは、人よりもずっと上手にこなすことができます。けれど特別扱いはしてほしくないと思っているので、決して大げさに振舞うことはありません。そのようなあなたの試みは大方成功しており、人を惹きつける特別な雰囲気を持っています。そのせいで自然と人は集まりますが、かといって爪を見せないのがあなたなのです。一方、自分が苦境に対峙すると、「こんなこと、どうでもいい」と言ってしまうような子どもっぽさもあります。基本的には寂しがり屋で、人が好きです。



割と当たってるのか…な?どうなんでしょう。とりあえず、「落下する夕方」は読んだことがないので、華子がどんなキャラなのかがまず判らないぃ。というか江國香織さんは、「きらきらひかる」以外は相性が良くなくて、あんまり作品を知らないんですよねー。。「いつか記憶からこぼれ落ちるとしても」は何とか最後まで読んだけど、「ホリー・ガーデン」も「冷静と情熱の間」も、途中で興味が失せて放り出してしまった…(苦笑)多分、私はもう少しばかりウェットな文体が好みなんだと思う。じゃあ何で江國香織占いなんかやってるんだって話ですが^^;す・すみません。興味本位で…!





さて。
先日村上春樹の「中国行きのスロウ・ボート」を読んで、思わず大きく頷いたことがある。

つまり、こういうことなのだ。
誤謬の中にこそ真実が見えてくる

人がうっかりしたこと、間違ったこと、誤ったこと、そういったところにこそ人の深層心理が表れるのかもしれない。そういう考え方は言われてみれば全くもっともなことなのだけれど、そんなことに今まで思い至ることすらなかった。目から鱗が落ちた。

人は生活していく上で様々な物事に優先順位を付ける。一日になすべき物事の中で、優先順位の高いものから順に処理をしていくように出来ている。我々はそういう生き物だ。誤謬の中に真実が見えてくるのは、そういう生き物なればこそなのだ。

うっかりすること、間違えること、誤ること、それらは総じて優先順位が低く位置づけられていることである可能性が高い。その人が潜在的に避けていること、望まないこと、どうでも良いと思っていること――誤謬の中にはそういったことが映し出されている。

「考えれば考えるほど思い当たる節がある」
不覚にもそう思って、苦笑いしたり、腹が立ったりした。

これから人を見る際の一つの指針になるかもしれない。

以上

Festina Lente

2006-07-03

Tag :

心の話。

あの人は私の心の「ここ」の部分を占めている。
この人は私の心の「あそこ」の部分を占めている。

そんな具合に、人の心の中には色んな人が「棲んで」いるのだと思う。例えるならば、人の心は伸縮可能な分譲マンションみたいなもので、ただ、「伸縮」の「縮」の方の機能だけが若干衰えてしまっている感じだ。住人が増える分には一向に構わないけれど、その中のどこかが欠けるととてつもない喪失感に襲われる。ぽっかり空いた空室が再び縮んで消えてしまうまで、果てしなく時間がかかる。

その喪失感はときに暴力的と言ってもよいほどの凄まじさで圧し掛かってくるものだから、とりあえず、欠けてしまったはずの人を空室になったはずの場所に据え置いてしまったりする。これが良くない。

とりあえず、などと気休めに据え置いてしまったりするものだから、穴はいつまで経っても消えやしない。かといって喪失感は相変わらずだったりするのだ。

結局、空室は空室のままで消滅させてしまった方が、喪失感が薄れていくのも早いのだと思う。

別に誰の受け売りでもありませんが、Festina Lenteということなのですね。

以上

修正

2006-07-03

Tag :

前回の記事があまりにウダウダし過ぎていたので、半分くらい改変しました。ソーリー。

や、多分大丈夫だから。
ちょっと躁鬱なだけだから(ぇ)

躁鬱といえば、昨晩のブラジル戦…うわぁああん!!ブラジル負けたぁ…!ブラジル様がー…!!ブラジル好きだったのでやるせないです。。くそう。どうしてくれようフランスめ。

嗚呼、やっぱりテンションおかしいのでこれ以上変なところを露呈しないうちにやめておきます。きっと、教授にメールなんか送ったからまたテンションがおかしなことになってるんだと思いますが。それにしても、いつまでたっても教授を前にすると緊張するわー…。

以上

最初の恋はいつも最後の恋

2006-07-02

Tag :

はい。タイトルで食いついた人ごめんなさい。別に恋愛の話という訳ではないです。

や、モロッコかどっかの作家の短編集に「Le Premier Amour est Toujours le Dernier(最初の恋はいつも最後の恋)」というのがあるのですが、昨晩は初恋について語る機会があって、少し色々と思い出しました。昔は、自分の持ってないものを持ってる人(性格とかね)に惹かれることが多かった気がするけれど、最近は変わった気もする。やっぱり価値観が似ているのって重要よね~とか、趣味が全く被らないのはきついな~とか、考え方が多かれ少なかれ世知辛く(?)なった感は否めませんね。苦笑。まぁ、そうは言っても自分の価値観ばかりに固執するのも良くないと思うので、色んな人と触れ合ってはいきたいと思いますけどね。間口は広く開けておくようにします。というか、最近そうしようと決意しました。うん。

今度そのためにも、というか、世界を広げるためにも、クラブデビューすることになりそうです。笑。あんまり笑わないで下さい(笑)自分でも笑っちゃうけど。笑。最近出来た留学生のお友達に
「行こう行こう☆」
と顔を輝かせて誘われてしまったので、断れませんでした。女のくせに、根がオヤジだもんだから、美人にはからきし弱いんです。良い機会だからダンスも覚えようと思います。

そんな感じで。

えーと。ロースクール受験生なはずのerica嬢でした。

以上

プロフィール

erica/anego

  • Author:erica/anego

  • 都内某大学法学部卒。
    弁護士目指して法律のお勉強中。もっともこのブログで法律に言及することは殆どありません。この場は基本的に、頭を使わない場として私の中で位置づけられているので、何かを主張するというよりは、備忘録的に日々の記録を展開しています(不定期更新)。こんな非生産的なブログですが、息抜きがてらに遊びにきて貰えれば幸いです。

カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  12  11  10  09  08  07 

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。