スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姑を慈しむ

2008-01-05

Tag :

最近気になったもの。

おせち料理の「クワイ」。
漢字で「慈姑」と書くのだと知って、妙に笑いが込み上げてきました。

あんな苦い食べ物を指して「姑を慈しむ」とは、何という皮肉。

そう思ったら、語源を探らずにはいられなくなった。
もっとも、調べてみると語源に定説はないようで。また、「慈姑」とは中国で「母」を意味する言葉でもあるそうな。

別に皮肉って当てられた漢字でもない様子。
よくわからん。

日本語って、難しい。

以上
スポンサーサイト

ビジョン

2007-12-16

Tag :

勉強していると、物凄い波があって、今非常にスランプです。

モチベーションを維持するのって、難しい。

私は本当に弁護士になりたいのか、とか、弁護士になるとしてもどんな仕事がしたいのか、とか。散々悩む。悩み散らかして結局のところ答えなんてわからない。

特に最近は、今までよりもずっと具体的に「どんな仕事がしたいのか」というイメージが出来ないとテンションが上がらなくなっていて、ホントに凹む。

で、つい買物に逃げたり。

買物でストレス発散するのが常習化すると中毒のようになるから、それは避けたいなぁ。

あーあ。
七転八倒の毎日です。こういうときは計画表でも作ろう。10年くらい先まで、ビジョンを明確にしとこうっと。

以上

何とタイトルつけて良いかわからん

2007-12-04

Tag :

<国際学力調査>「理科に関心」最下位 57カ国・地域参加
12月4日18時25分配信 毎日新聞


 経済協力開発機構(OECD)は4日、57カ国・地域で約40万人の15歳男女(日本では高1)が参加した国際学力テスト「学習到達度調査」(PISA)の06年実施結果を世界同時発表した。理科学習に関するアンケートで、日本は関心・意欲を示す指標などが最下位になるなど、理科学習に極めて消極的な高校生の実態が初めて明らかになった。学力テストでも、数学的活用力が前回03年の6位から10位となり、2位から6位に下げた科学的活用力と併せ大幅に低下した。

 調査には、前回03年より16多い57カ国・地域が参加。日本では無作為抽出された高校1年の約6000人が参加し、学力テストでは「科学的活用力」「読解力」「数学的活用力」の3分野を、アンケートでは、理科学習への関心・意欲などを調べた。

 アンケートでは「自分に役立つので理科を勉強している」と答えた日本の高校生が42%で、OECD平均67%よりも25ポイント低く、科学的活用力のテスト結果でトップ3のフィンランド、香港、カナダよりも21~33ポイント低かった。この質問を含む5項目を統計処理した関心・意欲に関する指標は参加国中最下位で、「科学に関する雑誌や新聞を読む」ことなど6項目を聞いた「活動」の指標も最下位。「楽しさ」に関する指標も2番目に低かった。


このニュースを見て、自分の小学生時代を思い出しました。
ある日、ホームルーム中に先生が
「それぞれの科目を学ぶ意義ってあると思うか」
という問いかけをしたのに対して、そのときの私は
「理科を学ぶ意義はあるのか」
と真剣に考えていた。小学生なりに考えて、出た結論が↓

国語はコミュニケーション能力の基礎に
算数は計算力
社会は現在の社会背景に繋がることを学んでいる

でも、理科は?

そのときの私は、理科というものを何だかとても高尚なものと捉えていて(理科=科学=学者的な。安直だったんです・笑)、科学者にでもならない限り必要なんかないのじゃないかと考えていました。でも、力学だって化学だって、その基礎の基礎は生活と密接な知識のはずで、必要ないはずなんてない。だから学んでいるのにね。まぁ、昔は見えないことが沢山あったんです。でも、
「意義はあるのか」
と考えてたのとは裏腹に、理科は好きだったなぁ。
Newtonとかよく読んでたし。というか、逆にNewtonなんて読んでたから生活に密接なものな気がしなかったのかも。笑。

理科がいつから好きじゃなくなったのかって考えると、多分日本に帰ってきてからだと思う。何というか、理科だけじゃないんだけどね。全体的に、アメリカにいた頃の方が学ぶことに喜びを見出してた気がする。当時の方が、体全体を使って勉強してたんだよね。宿題は日本の学校よりずっと多いけど、どの教科でも常にプロジェクトをしていたり、プレゼンテーションをしていたり、体験学習をしていたり。とにかく感性をフルに使って勉強していた。

シェイクスピアを学べばシェイクスピアの劇をしてみたり
ギリシャ文化について学べば博物館に行ったりギリシャ料理を食べに行ったり
生態系の循環について学べば学校の裏庭でそれを実際観察しに行ったり
ヒエログリフの解読の仕方を学んでみたり
オイラーの公式を学んでみたり
アメリカ史の授業では史実の裁判を再現してみたりもした
(そんでもって、この模擬裁判が私が法曹を目指す原点でもあったりします)

まぁ、プロジェクトばかりだから広く浅くは当然浚えない訳だけど、学んだ部分は10年以上経っても記憶に残ってたりする。それは、あらゆる感性を使って学んでいたから。

でも、日本に帰ってきた途端、ジッと机の上で勉強でしょう?

何だかなぁと思って、気付いたらあらゆる教科が大して好きでもなくなっていた。とはいえ、日本には日本の方針があるだろうし、プロジェクトばかりにすると先生の負担も大きくなるだろうし、そしてそのためには質の良い教師が必要になるだろうし、色々考えると現状を変えるのは難しそうだよね。何より、日本の受験制度が変わらない限りは無理だろうなぁ。

と、色々言ってみましたが、そういう教育手法の差がこのニュースの言う「意欲・関心」に影響しているんじゃなかろうかと思った次第です。

まとまりないけど、無理やりまとめてみる。
見切り発車で書くとろくなことにならないね。こんなに訳分からんこと書くつもりなかったのにな。 ゲホゴホ

以上

Dr.Pepper

2007-12-03

Tag :

クラスのAくんから唐突に頂いたドクター・ペッパー。

十年弱ぶりくらいに飲みました。

以前は苦手な飲み物だったのですが、懐かしさに負けて飲んでみたら意外と飲めた。というか、寧ろ美味しいと思ってしまった。

味覚って変わっていくものなんですね。

まぁ、「人は変わる」っていうから、当たり前かな。味覚も含めて、感覚や思考も移ろってゆくのでしょう。

以上

省察

2007-06-06

Tag :

自身の能力を、実際のそれ以上に見せたがる人々がしばしば見受けられる。大したこともしていないのに、大仰に見せる。謙遜するようでいてその実、容姿なり知識なり恋愛力なり財力なりをアピールしたくて仕様が無い様子が駄々漏れである。

なるほど、資本主義の競争社会においてはこういった誇大アピールがある種の積極性として評価され得るのかもしれないが、私は正直に言ってこういった人々が非常に苦手である。ときに嫌悪すらする。もっとも、彼らにはそもそも私に忌み嫌われる筋合いなどないのであって、私の嫌悪感は極めて個人的な理由に起因する。

「自己同一性」

折に触れて私の中で反芻される言葉であるが、私は常に自己同一的でありたいと思っている。しかしながら、これがどうにもうまくいかない。このブログでも過去に記事にしたことがあるが、私は、自分のイメージばかりが一人歩きする状況がこの上なく嫌いだ。しかるに私のイメージはしばしば一人歩きをする。一人歩きをしたまま帰ってこない。私本体はイメージから乖離したままプカプカと宙ぶらりんである。

綺麗だといわれること
出来る人といわれること
大人だといわれること
真面目だといわれること
完璧だといわれること

自分でも
「その通りよ♡」
と言い放てる程のものが自分にあるのであったなら、これらの評価を受け入れるにやぶさかでない。しかし、現実は違う。

綺麗だと評されるほど私は美しい顔立ちなんかしていないし
出来る人などと見えるのならばそれは幻想だ
大人というよりは大人しいだけであるし
真面目かといわれれば不真面目極まりないことは親しい人ならば知るところであろう
こんな人間の一体どこが完璧なものか

「喜んでこれらの評価に甘んじておけばよいものを、何たる捻くれ者め」
と言われても仕方がないが、あまりに「完璧なerica嬢」のイメージがそこら辺を歩き回り、駆け回り、家出娘のごとく徘徊してしまうと私本体はプレッシャーで押しつぶされそうな心地になる。大きく膨らんだ回りの期待に答えられるほどのものを私はもっていない!思わずそう叫びたくなる。




イメージなんかではなく、等身大の自分を見て欲しい。
常々そう願っている私からすれば、自分を誇大に見せようとする人々が羨ましくて仕方がない。ちゃんと「自分」があるのに、なんでわざわざあんなことをするのか。私の嫌悪感はそこに発するのだと思う。

以上

プロフィール

erica/anego

  • Author:erica/anego

  • 都内某大学法学部卒。
    弁護士目指して法律のお勉強中。もっともこのブログで法律に言及することは殆どありません。この場は基本的に、頭を使わない場として私の中で位置づけられているので、何かを主張するというよりは、備忘録的に日々の記録を展開しています(不定期更新)。こんな非生産的なブログですが、息抜きがてらに遊びにきて貰えれば幸いです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  12  11  10  09  08  07 

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。